鳥篭での誉め言葉は真に受けたら損する

2017年06月07日 23:44

 社交辞令と、“褒めてあげてる私大好き”で気分がよくなって言ってる人ばかりだから。
 そういう人は、タダ読みできればそれで満足で。
 1円でもお金が絡むようになれば、途端に沈黙、もしくは無視をする連中ばかり。
 今まで見向きもしなかったし「興味ない」と言ってた輩が、こちらが評価されるようになると同時に褒めちぎって、仲良しアピールしてきたこともある。
 忘れてはいまいか、『褒めるのはタダだから何とでも言える』ということを。

 己の大切な、過ぎるばかりで戻っては来ない時間を、そういう連中に割く必要は一切無い、と考える。
 交流の無い人から貰う無名コメントの方が。
 直感と感情の籠もった瞬間的な感想の方が。
 お金を出してまで作品を読んでくれる人の方が、よっぽど信用出来る。

 だから私は、交流と言う名の『馴れ合い』を必須とされる鳥篭は、使わない。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)
    +

    最近の記事