鉄壁3仮表紙(くずは)

2010年04月25日 16:00

 夏コミの受付受理ハガキが到着しました。
 今回も申込み用紙の記入不備は無かった模様です。

 で、最近筆が遅い&夏季に職が忙しくなるらしいといる現実に、悩んでいるところ、相棒から「もう描き始めていいんじゃね?」という意見を頂いたので、早速描いてみました。
鉄壁3表紙予定
 表紙は1がアテナ(裏表紙に京とシェン)、2がアテナ&エリザベートでしたので、今回3は3人です。
 本当はXIIで出る筈だった舞を描きました。

 XIIIの情報が出ていますが、ゲームのアーケード稼動が早くて7月。
 それでは手が間に合いません。
 今回はXII最終巻として描く事にしました。
 描いたあとでアテナのセーラー服が上下紺 → 上白下青に変更されていた為の言い訳です。

 1と2は各巻で読めるようにしていましたが、3は2を所持していないと話が通じない作りにしようと考えています。
 さぁ、間に合うかしら……;
スポンサーサイト

負のスパイラル(さいがわも)

2010年04月15日 18:37

 SNKプレの携帯サイトでも、チームストーリー公開中だぜ!(サクラちゃうよ)
 今日は日本チーム。
 京と『彼の地』の男女が廻り合い。
 京が大人で普通に格好良い!と思ったら前半だけだった件。
[ 続きを読む ]

KOF公式ストーリー(さいがわも)

2010年04月04日 22:07

(略)
 前回のKOFの直後、シェン・ウーは、チームメイトたちとともに唐突にその行方が判らなくなった。
 一部では死亡説まで流れたが、もとよりデュオロンはそれを信じていなかった。シェンがそう簡単に死ぬような男ではないと考えていたからである。
 その考えが正しかったことは、上海に着いてすぐに証明された。
「……どこにいても目立つ男だ」
 シェン・ウーの健在ぶりを見下ろし、デュオロンは冷ややかに微笑んだ。
 開け放たれた高窓の、窓枠のところに腰を降ろしたデュオロンの眼下では、ほんの10分前の祝賀ムードから一転して、阿鼻叫喚の修羅場が繰り広げられていた。
 そもそもこのレストランのホールでは、ここのオーナーでもある新安清会の会長 ―― いわゆるチャイニーズマフィアのボスの還暦を祝うパーティーが開かれていた。列席者の大半は、当然、組織の構成員たちである。
 そのホールに、巨大なダンプで壁をぶち抜いて突っ込んできたシェンは、驚きに動きの止まった男たちに嬉々として襲いかかった。KOFの場でも、こんな派手なパフォーマンスはまず見られないだろう。

(略)

 シャルル・ド・ゴール空港からイル・ド・フランスでパリ市内へと入ったデュオロンは、時差ボケで大あくびを連発している連れを一瞥し、冷ややかな微笑を浮かべた。
「……あンだよ?」
 デュオロンの視線に気づいたシェンが、眉をひそめて尋ねる。
「花の都にこれほど似合わない男も珍しいな」
「うるせえ」
「……今のうちにいっておくが」
 改札を抜けて地上に向かうエスカレーターに乗ったデュオロンは、毒づいているシェンに釘を刺した。
「今回のチームリーダーは、おそらくおまえが一番嫌うタイプの女だ」
「口が達者で高慢で鼻っ柱が強いってか?」
「どれも当てはまる」
「おい」
「もうひとつ、向こうが一番嫌いなタイプの男は、おそらくおまえだろう」
「おい」
「そうしたことをすべて呑み込んだ上でうまくやれ」
「気楽にいってくれるぜ……だいたい、俺をメンバーに加えたいってんなら、向こうが上海まで迎えにくるのがスジってモンじゃねぇのか?」
「そういうへりくだり方を知らないお嬢さまだということさ。……プライドの高さを少々くすぐって、適当にあしらっておけばいい」
「チッ……おまえとちがって俺は正直者なんだよ。腹が立つことがありゃァはっきりといわせてもらうぜ」
「それはかまわん。……だが、あくまで俺たちの目的はアッシュを見つけ出すことだ。それを忘れるなよ」
「いわれるまでもねえ」
 すでにくしゃくしゃになっている招待状の封筒をポケットに押し込み、シェンは両手のグローブをはめ直した。
 地下鉄のホームから地上へと上がってきたふたりを、パリの華やかな陽射しが出迎える。
 シェンだけでなく、自分もまたこの街には不似合いだということを自覚しながら、デュオロンはパリの大地をしっかりと踏み締めた。

*******************

 アッシュのストーリーのくせに、日本チームとエリザチームの話が進んでいく不思議。

 パソコン・携帯公式サイトで公開中の、アッシュのストーリーから、シェンと堕瓏の登場シーンを抜粋してみた。
 シェンのアクション映画俳優っぷりにぶったまげとります。
 大型ダンプでマフィアの祝賀会に突入て。
 らしくて大好きだ、このシーン(笑)
 あと、堕瓏が意外に街慣れしてるのにビックリしとります。
 あれか、XIでエリザか紅丸に連れ回されたか。
 というか、シェンも堕瓏もこれだと、一応市民権は持ってるみたいだな。(パスポート使った、みたいな表現だし。まさか密航なんてあるまい、これから恐いお姉さんの所に行くんだから)
 しばらくは燃え熱を保てそうだぜ。
 公式のチーム曲も好みだし、今からエリザの話が楽しみだ。
+

最近の記事